いいとこ取りのファンデ

化粧

リキッドとパウダーの要素を合わせたファンデ

メイクが得意な人やメイクが好きな人は、特にファンデーションにこだわると言われています。その位、ファンデーションはメイクの出来栄えを左右するものなのです。あらゆるファンデーションのタイプがありますが、それぞれでメリットやデメリットがあります。リキッドファンデの場合であれば、カバー力が極めて高いのがメリットとなっていますが、その分塗った時にムラができやすくなります。またパウダーファンデの場合であれば、肌への負担は少ないですが、その分カバー力が劣ってしまいます。しかし、中にはリキッドとパウダーのいいとこ取りをしたファンデもあるのです。そのファンデがクッションファンデーションで、最近になって注目を集め始めているファンデーションの1つです。リキッドタイプのファンデーションを染み込ませたクッションから専用スポンジでファンデーション取り、肌に乗せていく感覚で使用します。

ヨレずに使うポイント

クッションファンデーションの場合、人気のタイプになるとUV効果があり、美容成分配合や下地の機能も備えています。その為、ベースメイクはクッションファンデーション1つで完了してしまうのです。忙しい朝にも向いているファンデーションと言えるでしょう。塗る時には、ヨレずに塗る為にも専用クッションを肌に軽く叩き込む感覚で使うのがポイントとなります。特に顔でもおでこや頬など広い部分から使うのが良いでしょう。クッションファンデーションはリキッドタイプのファンデーションがベースとなっているので、カバー力が高いのも1つの特徴です。一度付けるとその後は化粧直しをせずに長時間綺麗な状態をキープすることができるでしょう。